head_img_slim
HOME > 耳の中に異物が入ったら・・・

耳の中に異物が入った時の対処法

耳の中に何が入ったかを確認しよう。
耳の中の異物は大きく分けて、3種類あります。
それぞれに対処法があるので、いざという時のために覚えておきましょう。

耳に入る異物の種類

耳の穴から外耳道には、異物が入りやすいものです。
一般に外耳道異物には、次のように3種類あります。

◆虫や昆虫などの生物
小さな虫や昆虫などの生き物が耳の穴に入り込んだもの。
主なものに、蚊やアリ、クモ、ゴキブリ、蛾、コガネムシ、ダニなどがあります。

◆小さな物質
生き物以外の物質が何らかの原因で耳の中に入ってしまったもの。
主なものに、ボタン電池、小石、ビーズ、BB弾、豆、耳かき棒やマッチ棒のかけらなどがあります。

◆水
プールや海、お風呂などで耳の中に水が入る事があります。

スポンサーリンク

耳に異物が入った時の対処法

耳の中に異物が入った場合の対処法として、入り口付近で異物が見える場合は先の丸いヘアピンなどで取り出す事もできますが、先のとがったもので、無理やり出そうとすると耳を傷つけて出血したり、鼓膜を破いたりする場合があります。
耳の奥のほうに入ってしまった場合は、無理に取り出そうとせずに耳鼻科医を受診するようにしましょう。

●耳の中に虫が入ったら

耳に虫が入った場合、耳の中で動くため一刻も早く取り出したくなりますが、落ち着いて懐中電灯を用意してください。
部屋を暗くし、耳たぶを引いて、耳の入り口付近から中に向かって懐中電灯の光を当てます。
昆虫の多くは光に向かって集まるという習性があるため、外に飛び出してきます。
この方法で出て来ない場合は、タバコの煙を耳の中に吹き込んでいぶり出すようにします。
それでも出て来ない場合は、オリーブ油や、ベビーオイル、サラダ油などを一滴入れて、虫を窒息させてから取り出すようにします。
この時、虫が奥のほうに入ってしまい、取り出せないようなら耳鼻科を受診して取り出してもらいます。

●耳の中に硬い物が入ったら

異物の入ったほうの耳を下に向け、耳たぶをうしろの方へ引っ張りながら、反対側の頭をトントンとたたくようにすると出て来る場合があります。
豆類やビーズ、小石などが入った場合は、オリーブ油やサラダ油を1~2滴たらし、異物が入ったほうの耳を下にすると出て来る場合があります。
また、外から異物が見える場合は、ヘアピンの丸いほうを耳に入れて異物を引っ掛けるようにして出します。
しかし、奥のほうに入ってしまった場合は無理に出そうとせず、耳鼻科を受診しましょう。
虫以外の異物で、痛みがなければ一晩くらいそのままにしておいても心配ありません。専門医にまかせるようにしたほうが安全です。

●耳の中に水が入ったら

水が入ったほうの耳を下に向けて片足でトントンとはねてみると取れる場合があります。
また、綿棒を静かに入れて吸い取ったり、ティッシュをこより状にして耳の中に入れると、水を吸い取る事ができます。
海や川、プールなどで耳の中に水が入った場合は、熱い石やコンクリートなどに水の入ったほうの耳をつけると出てくる事があります。

●耳の中を観察して、異物を取り出すには
耳の奥まで肉眼で見える道具があります。
アサガオの形をした耳鏡(じきょう)と言うもので、狭く曲がった耳の中もこれで観察できます。
異物や耳アカを取り出すための ピンセットとセットになっているものもあります。

>>色々な耳鏡(アマゾン)

■ひとくちメモ
耳の中にいきなり虫が入ると本当にイヤなものですね。
しかし光に向かって集まるという虫の習性をうまく利用する事により、解決する事ができます。
また、小さな子供では何が入ったか、うまく説明できずに泣き叫ぶこともあります。
そんな時は無理に耳の中のものを取ろうとせずに、耳鼻科の専門医にまかせましょう。

 


関連ページ

  icon 耳鳴りの種類と改善法
  icon 難聴の原因と対策は?
  icon 耳あかのタイプと上手な取り方
  icon めまいの原因と対処法

  icon ヒントの泉・健康関連書籍(アマゾン)
  icon おすすめサプリメント(アマゾン)


 

ページトップに戻る